概要

教育理念

「学生自らが、人類の健康増進と福祉の実践者にふさわしい豊かな人間性と幅広い教養を身につけ、専門職となるための基礎的知識、技能、態度を修得し、さらには科学的思考力と創造性を発揮しうる人材となること」を学部教育の理念としています。

求める学生像

薬学部では、次のような学生を求めています。

  1. 高等学校での基礎的・基本的な学力を幅広くきちんと身につけ、特に数学・英語・理科(特に化学)に高い学力を有する人
  2. 化学や生命科学を積極的に学ぼうとする人。医療や薬を必要とする人たちの立場を真に理解し、医療の質の向上と薬学研究の進歩発展に貢献したいと考える人
  3. 大学院に進学して最先端の創薬科学を学び、国際的にも活躍できる創薬研究者・技術者・次世代医療開発者、高度医療情報提供者、環境・衛生技術者等の職能人となることを志す人。あるいは、高度な知識と技術を身につけ、チーム医療の中で科学的観点から意見が言える専門性の高い薬剤師となることを志す人

高い専門性を備えた薬剤師と、研究意欲の旺盛な創薬研究者を養成します。少人数教育で、最先端レベルのカリキュラムを学びます。

6年制の薬学科では、専門知識と知恵を併せ持つ薬剤師の育成を、4年制の薬科学科では、世界的な視野を持つ創薬研究者の育成を、それぞれの目的としています。そのために、1年次後期から専門科目を履修するなど、早期に専門教育を開始します。また、少人数教育に力を注ぎ、3年次後期から所属する各研究室は、1学年5人以内で構成します。さらに、医学部や歯学部と連携した授業も取り入れて、チーム医療への意識も育んでいます。

薬学科

医薬品に関する化学的・医学的知識を身につけ、研究心を培う

本学科では、高い専門性を備えた薬剤師や薬学研究者を育成します。そのために、基礎薬学の基盤と知識を学んで、医薬品について正確な化学的・医学的知識を段階的に身につけていきます。こうした学習を通して、薬剤師に必要な創造的な思考力、新しい問題に意欲的に取り組む能力、研究心を修得します。チーム医療の現場で、科学的な視点から意見を述べ、医薬品の適正な使用に対して責任が持てる薬剤師になることができるのです。本学科では、6年間の学習を通して、医療に貢献し、薬学の分野から人々の健康を支える人材育成を目指しています。

薬科学科

医薬品の正確な知識をベースに、薬学研究に携われる実力を育成

本学科では、創薬研究者・技術者、医療開発者などの専門家を育成します。そのために、基礎薬学の知識を学ぶと同時に、最先端の研究に早い段階から触れることができるカリキュラムで、研究マインドを養っていきます。医薬品について正確な知識を身につけることで、薬学研究の進歩に貢献できる実力者を目指します。卒業後は、製薬・化学・食品などの企業や公的機関で、研究者や技術者として能力を発揮することができます。また、自分の研究をさらに深めるために大学院へ進学する進路も選択できます。


up