沿革

沿革(年表)

◆昭和44年4月
 医学部薬学科設置(学生定員40名)

◆昭和45年4月
 薬学科に薬化学講座、生理化学講座、生薬学講座を設置

◆昭和46年4月
 薬学科に衛生化学講座、薬品化学講座を増設(計5講座)

◆昭和47年5月
 薬学科に薬物学講座、薬剤学講座を増設(計7講座)

◆昭和49年6月
 薬学研究棟・薬学講義棟が完成

◆昭和52年4月
 薬学科を総合薬学科(6大講座制、学生定員60名)に改組。活性構造化学講座、薬品資源学講座、薬品分析化学講座、社会薬学講座及び薬効解析科学講座の5講座を設置

◆昭和53年4月
 総合薬学科に医療薬剤学講座を増設(計6講座)

◆昭和54年9月
 薬学研究棟を増築

◆昭和55年4月
 附属薬用植物園設置

◆平成14年4月
 大学院医歯薬学総合研究科設置に伴い、総合薬学科の全講座を廃止し、総合薬学科5学科目を新設

◆平成16年4月
 国立大学法人広島大学となる。

◆平成18年4月
 ○医学部の総合薬学科を廃止
 ○薬学部を設置(2学科:薬学科(6年制)、薬科学科(4年制)、学生定員(薬学科38名、薬科学科22名))
 ○医学部の附属薬用植物園を薬学部の附属薬用植物園に移行
 ○医学部・歯学部・薬学部附属医療人教育開発センター設置(薬学部設置に伴う名称変更)

◆平成24年4月
 医学部附属医学教育センターの設置に伴い、医学部・歯学部・薬学部附属医療人教育開発センター廃止

※大学院に関する事項は「大学院医系科学研究科」の沿革のページをご覧ください。


up