学部長挨拶

次世代を担う薬剤師と創薬研究者の育成を目指して

 薬学部長 高野 幹久

 広島大学薬学部には、6年制の薬学科と4年制の薬科学科があります。薬学科では、医療チームの一員として患者さんの治療に貢献できる薬剤師、新しい薬物療法を開発する研究能力を備えた薬剤師の育成を目指しています。一方、薬科学科やその後ほぼ全員が進学する大学院では、我が国の医薬品の開発を担い、また世界的にも活躍できる創薬研究者の育成を目指しています。薬学部では、薬学科、薬科学科の学生ともに、3年次後期から自分が興味を持った分野の研究室に所属し、教員や先輩の指導を受けながら研究に取り組みます。そして成果がまとまれば、学会での発表や英語論文として社会に情報を発信することになります。それらを通じて、プレゼンテーション能力や英語力も身につけることができます。また、薬学科の学生は5年次に病院や薬局で実務実習を履修し、医療現場における薬剤師の役割・使命や薬物療法の実際を学ぶとともに、患者さんへの対応を通じて医療人としての自覚を身につけます。先輩たちとともに広島大学薬学部で学び、次世代を担う薬剤師や創薬研究者を目指しましょう。

プロフィール

 昭和33年三重に生まれ、四日市高等学校を経て京都大学薬学部に入学した。卒業後、京都大学大学院(堀 了平教授)、京大病院薬剤師、米国マサチューセッツ総合病院(消化器内科;K.J. Isselbacher教授)・ハーバード大学医学部医学研究員、京大病院助手、講師、助教授を経て、平成8年広島大学教授に就任した。京都大学大学院時代の恩師である堀先生は広島大学薬学部(当時は医学部薬学科)の薬剤学研究室の初代教授であり、私が3代目としてその教室を担当させていただいていること、私の初めての学会発表は昭和56年の日本膜学会年次大会であるが、現在その会長を務めていることなど、何かとご縁を感じることも多い。この間一貫して、薬物の生体膜輸送ならびに薬物による臓器・細胞毒性とその制御に関する薬物動態学的・生物薬剤学的研究を行ってきた。平成27年には、それらの研究により日本薬物動態学会の学会賞を受賞した。今後とも、医薬品の創製や医療現場における医薬品の適正使用に資する情報を発信していきたいと考えている。

略歴

  • 昭和55年 3月 京都大学薬学部製薬化学科 卒業
  • 昭和60年 3月 京都大学大学院薬学研究科博士後期課程 研究指導認定退学
  • 昭和61年 5月 京都大学大学院薬学研究科博士後期課程 修了
  • 昭和61年 5月 薬学博士(京都大学) 
  • 昭和60年 4月 京都大学医学部附属病院薬剤部 薬剤師(同62年3月15日まで)
  • 昭和62年 3月 米国マサチューセッツ総合病院及びハーバード大学医学部 医学研究員(同63年9月30日まで)
  • 昭和63年10月 京都大学医学部附属病院 助手
  • 平成 3年 3月 京都大学医学部附属病院 講師
  • 平成 7年 1月 京都大学医学部附属病院薬剤部 副薬剤部長(併任 平成8年5月31日まで)
  • 平成 7年 2月 京都大学医学部附属病院 助教授
  • 平成 8年 6月 広島大学医学部 教授
  • 平成14年 4月 広島大学大学院医歯薬学総合研究科 教授
  • 平成18年 4月 広島大学大学院医歯薬学総合研究科 副研究科長(併任 同24年3月31日まで)
  • 平成24年 4月 広島大学大学院医歯薬保健学研究院 教授
  • 平成24年 4月 広島大学大学院医歯薬保健学研究院 副研究院長(併任 同26年3月31日まで)
  • 平成24年 4月 広島大学大学院医歯薬保健学研究科 副研究科長(併任 同26年3月31日まで)
  • 平成26年 4月 広島大学薬学部 薬学科長(同28年3月31日まで)
  • 平成28年 4月 広島大学 薬学部長(併任 同32年3月31日まで)                   


up