在学生からのメッセージ

学部建物写真

各学年の学生からのメッセージ

>> 「入学してみて」 

生物生産学部の5つのコースに所属するみなさんが、それぞれの研究や学部での生活について紹介します。

AO選抜入学生からのメッセージ

■ AO入試は、受験する学校側の条件にとらわれず、自分の希望、思いを受験する大学側にアピールする事ができる自己推薦型の入試方法です。入試の時に、自分の考え、思いを直接伝える事が出来るので、とても有意義な試験方法だと思います。広島大学では、講義、施設、実習ともに充実しており、幅広く学習する事 ができる良い環境が整っていて、満足のいく大学生活が送れると思います。(K)

■ AO入試は、どうしてもここで学びたいという強い気持ち、やる気を持った人のためにある制度で、学力に加え意欲を評価するという点が最大の特徴だと思います。そのため入学後にはこれがしたいという目的意識を持って望むことが大切であり、それがよりいっそう充実した生活を送ることに繋がるのではないかと思い ます。(N)

■ 生物生産を様々な角度から学び、知識を手に入れたうえで自分の興味のある分野を専門的に学べます。フィールドワークも多く、ここでしかできないことを沢山経験できます。学部の人数は少ないので、アットホームな雰囲気で先生方と話せる機会が多いのも特徴です。(F)
 

■ 一般入試を受けずにAOで入学したため授業についていけないんじゃないかと不安もありましたが、入ってみればみんな同じでした。むしろ、AO入試対策の中で大学で自分が学びたいことをしっかり考えることができ、それが大学生活を送る上での軸になっているような気がするので、AOで入ってよかったと思ってい ます。(T)

■ 広島大学では自分が学びたいことを進んで授業として選ぶことができるし、また実験でにおいてもフィールドにでて実際に動いて体験もできるため、AO入試で意欲をもって入学してきた人にとって良い環境です。入学後はきっと毎日新しい発見ができ楽しい学生生活が送れると思います。(T)

編入学生からのメッセージ

■ 植物・畜産・海洋のことをより深く学びたいと考えている人にはとても良い環境だと思います。各々の分野で個性的で独創的な考え方を持った先生が多数おられ、講義を受けていても魅力的で興味を引かれるものばかりです。図書館なども充実していて、学習環境やインターネット等の情報設備も整っているので、不自由なく何にでも挑戦できると思います。(K)

■ 3年次からの編入なので、入学後間もなく研究室への配属希望などが問われます。ですから、自分が将来どのようなことがしたいのか、そのためには広島大学で何を学びたいのかをよく考え、勉学への意欲を持って入学することが大切だと思います。(K)

■ 前の大学で経験したことを生かしつつ、また新しいことを体験できることが編入学のいいところだと思う。広島大学では専門的な内容をさらに詳しく学べるだけでなく、多くの動物を対象にした実験実習ができることがいいと思う。(M)

■ 短大で今まで過ごしてきた環境とは全く異なっていて驚いたし、いろいろ大変なこともありますが、自分が興味を持っていることについての講義を受けたり、実験をしたり出来て楽しいと思います。(I)

■ 編入学とは、今まで以上に勉強したい人が希望するものだと思います。だから、広島大学生物生産学部に編入学を希望される人は、是非勉強に対して意欲を持ってきて欲しいと思います。入学後には、きっと興味のある専門の講義を受けることが出来たり、実験を行うことが出来るので、満足のいく学生生活を送ることが できるのではないかと思います。(T)


up