【2017/3/28-29】 ウィーン大学・エッカー教授をお招きした学術交流会を開催します

社会認識教育学講座の後援を得て,ウィーン大学との学術交流会を開催いたします。
同大学・歴史文化科学学部のエッカー教授にヨーロッパの各科教授学と教師教育の動向を,歴史・公民教育に焦点を当ててお話をいただきます。教科教育学の比較研究にご関心のある方は,ふるってご参加下さい。

【主催】科研・基盤研究(B)
「教科教育学のパラダイムと社会的責任の国際比較-社会科教育研究者が果たす役割とは-」

【後援】教育学研究科 社会認識教育学講座

【日時】2017年3月28日(火)・29日(水)  いずれも10:00~12:00

【会場】広島大学教育学研究科 管理棟2階 第2会議室
※当日参加も可能ですが,資料準備の都合上,事前にお申込み下さい。

詳しい内容ならびにお申し込みの方法は,こちらをご覧ください。
3月28日(火)10時~12時,テーマ:各科教授学と教科教育学
- 基調講演: Dr. Alois Ecker (ウィーン大学)
   ウィーン大学における各科教授学の統合・連携の試み
- 話題提供: 池野 範男 先生 (広島大学)
 日本及び広島大学における教科教育学の歴史と構造

3月29日(水)10時~12時,テーマ:各科教授学と教師教育
- 基調講演: Dr. Alois Ecker (ウィーン大学)
   ヨーロッパにおける歴史教師教育の制度とカリキュラム
- 話題提供: 大坂 遊 先生(広島大学博士課程後期 修了生)
 日本及び広島大学の社会科教師教育の制度とカリキュラム
 ※14時~16時30分には大学院生との交流会を実施します。あわせてご参加ください。

【問い合わせ先】社会認識教育学講座 草原和博
TEL: 082-424-6800  E-mail: kusahara(アット)hiroshima-u.ac.jp (アットを@に変換してください)


up