フレンドシップ事業『ゆかいな土曜日』が始まりました!

6月17日(土)、平成29年度広島大学教育学部のフレンドシップ事業『ゆかいな土曜日』が始まりました。

今年で21回目を迎える本事業は、将来教員をめざす教育学部の学生が、教員としての資質・技能を養うために実施し、東広島市内の小学校の子どもたちとともに、12月まで毎月活動を企画・運営していきます。

地域の方々や保護者のみなさまにご協力いただきながら、子どもたちと学生が、ともに遊び、学びながら、かけがえのない時間を創っていきます。

今年は、「リサイクルグループ」と「レスキューグループ」に分かれ、最終活動日の12月に行われる「フレンドシップフェスタ」に向けて、各グループ活動開始です!

開講式

主催者を代表して、草原副学部長から歓迎の言葉があり、続いて東広島市教育委員会 津森教育長からご挨拶いただきました。
続いて学生代表であるフレンドシップ大臣らから、今年の活動内容の紹介がありました。

リサイクル工作グループ

リサイクル屋さんの見習いとして、使わなくなった作品をすてきな作品にしよう!
班の仲間とともに楽しく工作をしたり遊んだりしながら、一人前のリサイクル屋さんを目指す修行の始まりです。

レスキューグループ

班の仲間や地域の方と一緒に、レスキューゲームをしたり、もしもの時に役立つ料理をしたり、便利な道具を作ったりします。
いろんな知恵を身につけて、レスキューマスターを目指そう!

畑活動 ~畑っこタイム~

各グループの活動が終わった後、全員で畑に行き、地域の方や班の友達と一緒にサツマイモの苗を植えました。
これからどのように成長していくのか、とっても楽しみです。


up