【成果報告】教育ヴィジョン研究センターで「通常の学級におけるインクルーシブ教育の実践」についての講演会を開催しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は,「科研・挑戦的研究(萌芽)インクルーシブ教育システムの構築に向けた小学校外国語教育カリキュラムの開発的研究(代表:川合紀宗)」 との共催で,2017年12月25日に第5回定例セミナー(特別講演会)を開催いたしました。

今回は「学習空間」研究ユニットの機能強化と拠点形成に向けてProfessor Dr. EunMi Cho(サクラメント州立大学)をお招きし,通常の学級におけるインクルーシブ教育の実践の在り方について,理論と実践の両面からご講演いただきました。先生は,学習上・行動上の困難のある子供への合理的配慮や通常の学級へのユニバーサルデザインの適用について研究されています。

本講演では,まず多重知能について,子供の学びの多様性だけでなく,教師自身がどのような多重知能を持っているかを知ることの重要性についてお話しいただきました。次に,学びのユニバーサルデザインの3原理に基づいて,学習内容を子供に示す提示方法,子供の学びを深める取組方法,子供に複数の表現手段を選択できる余地を与える行動・表現方法についてお話しいただきました。

参加者からは,日本では,学びのユニバーサルデザインの理論と実践双方の話を聞く機会がなく,大きな学びになったなど,高い評価を得ました。

【日時】2017年12月25日 13時30分~16時00分
【会場】広島大学東広島キャンパス 教育学研究科 第1会議室
【講師】Prof. Dr. EunMi Cho氏(サクラメント州立大学教授)
   (進行・通訳:川合紀宗 教授)
【演題】通常の学級におけるユニバーサルデザインに基づくインクルーシブ教育の実践

講演をされるCho先生

Cho先生の講演に聞き入る参加者

グループワークに取り組んでいる様子

Cho先生と交流している様子

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
※(AT)は@に置き換えてください


up