• ホームHome
  • 大学院教育学研究科・教育学部
  • 【2018/3/10開催・東広島】研究拠点創成フォーラム5「教育改革における教師と研究者の役割-社会と教育の多文化化のなかで-」(日米欧国際シンポジウム)を開催します

【2018/3/10開催・東広島】研究拠点創成フォーラム5「教育改革における教師と研究者の役割-社会と教育の多文化化のなかで-」(日米欧国際シンポジウム)を開催します

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」では,3月10日(土)に「学習空間」「カリキュラム」「教育の専門家」という3つの研究ユニットの拠点化に向けて,社会の文化的多様化が進む中での教師と研究者の役割をテーマに,日米欧の研究者による国際シンポジウムを開催いたします。

ノルウェー・サウスイーストノルウェー大学のTony Burner先生,アメリカ・ボストン大学のChristopher Martell先生,そして筑波大学の菊地かおり先生をお招きし,本フォーラムのテーマに関連してご自身の教育研究・実践を紹介して頂きます。

◯多様化が進む教室で,教師の構えや教え方はどのように変化することが求められるか?
◯各国の大学は,多様化が進む教室で教える教師にどのような機会を提供しているか?
◯多様化が進む教室で教える教師のための研修,またそれを捉え支援する研究はどうあるべきか?

当日は3人の先生方の話題提供をふまえて,上記のような問題意識のもとでフロアのみなさまとディスカッションしたいと考えています。このようなテーマにご関心のある先生方,ぜひご参加下さい。学生の参加も大いに歓迎いたします。

日時

2018年3月10日(土) 13時30分~17時30分

会場

広島大学東広島キャンパス 教育学研究科 K102講義室
東広島キャンパスまでの交通アクセス

講師

Tony Burner氏(ノルウェー・サウスイーストノルウェー大学)
Christopher Martell氏(アメリカ・ボストン大学)
菊地かおり氏(筑波大学)

テーマ

教育改革における教師と研究者の役割-社会と教育の多文化化のなかで-

参加申し込み・問い合わせ先

広島大学 教育ヴィジョン研究センター(EVRI)事務室
E-Mail: evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
※(AT)は@に置き換えてください。
※当⽇参加も可能です。資料準備の都合上,事前にお知らせいただけると幸いです。
※当日は,通訳がつきます。

 


up