• ホームHome
  • 大学院教育学研究科・教育学部
  • 【成果報告】教育ヴィジョン研究センターで研究拠点創成フォーラム3「国際バカロレアDP日本語科目『歴史』授業の構想」を開催しました

【成果報告】教育ヴィジョン研究センターで研究拠点創成フォーラム3「国際バカロレアDP日本語科目『歴史』授業の構想」を開催しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は, 「カリキュラム」研究ユニットの機能強化と拠点創成に向けて,2018年2月17日にフォーラム「国際バカロレアDP日本語科目『歴史』授業の構想」を東京で開催しました。

フォーラムの前半では,棚橋健治教授(広島大学教育学研究科)と同研究科社会認識教育学研究室の院生が,国際バカロレア(IB)DPの歴史における学びのあり方と,それに基づいて院生らが開発したレッスンプランを提案しました。全国各地から参加いただいた方々は,IBの提案する通教科的な学びと歴史という教科固有の学びについての考察に基づいた歴史単元「20世紀の戦争の原因と結果」の提案に興味を示して下さいました。

後半では,参加者らが少人数のグループで議論する時間が設けられました。その後,佐久田昌知先生(沖縄尚学高等学校)にはIBの実践的な視点から,二井正浩先生(国立教育政策研究所)には探究的な歴史教育の視点からコメントをいただきました。全体を総括する質疑では,IB歴史の中核に位置づく資料読解や,取り上げる内容の選択に論点が焦点化され,今回提案されたレッスンプランの改善につながる質疑となりました。

本フォーラムにおける授業プランの提案と,それに対する参加者同士による議論は,IBで行われる歴史の授業だけではなく,教育改革が叫ばれる日本の歴史教育にとっても示唆を得られるものとなりました。

※なお,本フォーラムは,科研・基盤研究(A)「IBの理念を踏まえたカリキュラム・授業・評価の開発的研究」(代表:棚橋健治)との共催になります。

【日時】2018(平成30)年2月17日 13時30分~16時45分
【場所】キャンパス・イノベーションセンター東京 1F 国際会議室
【提案者】棚橋健治教授および本研究科大学院生
【コメンテーター】
     佐久田昌知先生(沖縄尚学高等学校・研究協力者)
               二井正浩先生(国立教育政策研究所)
【内容】国際バカロレアDP日本語科目「歴史」授業の構想

発表を行う棚橋教授(本研究科)

発表を行う本研究科院生

発表内容に関して協議する参加者

コメンテーターの先生
(左:佐久田先生,右:二井先生)

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up