• ホームHome
  • 大学院教育学研究科・教育学部
  • 【成果報告】教育ヴィジョン研究センターで研究拠点創成フォーラム4「教育学研究者と教師教育者のアイデンティティ」を開催しました

【成果報告】教育ヴィジョン研究センターで研究拠点創成フォーラム4「教育学研究者と教師教育者のアイデンティティ」を開催しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は,「教育の専門家」研究ユニットの拠点化に向けて,3月4日にフォーラム「教育学研究者と教師教育者のアイデンティティ」を開催しました。

午前中に開催された講演会では,まず教師教育者の役割や教職大学院のあり方について,奈良教育大学の小柳先生から,国内外の教師教育研究の動向や課題について包括的なレビューがなされました。兵庫教育大学の吉水先生からは,国内の教職大学院の自己評価に携わったご経験から、教職大学院の教師教育担当の資質についてご提案を頂きました。続いて,指定討論者である武蔵大学の武田信子先生から,「教師教育者」という概念やセルフスタディの思想と方法論が浸透することの難しさについて示唆を頂きました。

午後に開催された教師教育者に関する研究成果報告会では,教科教育学(社会科教育)を専門とする10名の研究者が進めてきた,3つの異なる実証的な教師教育研究プロジェクトの成果が発表されました。「大学院生から教師教育者への移行する取り組み」「現職教師から教師教育者へのスムーズな移行の要因」「世界各地の教科教育研究者/教師教育者の社会的使命の果たし方」という3つのテーマからの研究発表が行われ,フロアの参加者から研究の方法論や意義についての質疑がなされました。

また,各発表に対して,指定討論者である武蔵野美術大学の三代純平先生と追手門学院大学の鋒山泰弘先生から,質的研究法の背景にある思想に注目することの重要性や,調査・研究を行った当事者である「私」の成長や変容について指摘がなされました。

※なお,本フォーラムは,科研・基盤研究(B)「教科教育学のパラダイムと社会的責任の国際比較」(研究代表者:草原和博)との共催になります。

【日時】
2018年3月4日 10時00分~12時00分(午前の部)
2018年3月4日 13時10分〜17時30分(午後の部)

【会場】
広島大学東広島キャンパス 教育学研究科 K102講義室

【講師】
○午前の部
小柳和喜雄(奈良教育大学),吉水裕也(兵庫教育大学),武田信子(武蔵大学)

○午後の部
三代純平(武蔵野美術大学),鋒山泰弘(追手門学院大学),大坂遊(徳山大学),岡田了祐(聖徳大学),川口広美(広島大学),草原和博(広島大学),後藤賢次郎(山梨大学),斉藤仁一朗(東海大学),田口紘子(鹿児島大学),堀田諭(国立教育政策研究所),南浦涼介(東京学芸大学),村井大介(静岡大学),渡邉巧(日本女子大学),渡部竜也(東京学芸大学)

【テーマ】
教育学研究者と教師教育者のアイデンティティ

午前の講演会の様子

午後の成果報告会の様子

発表する川口准教授(本研究科・EVRI)

質疑の様子

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up