広島大学学生が「橋」をテーマとした呉地域版<おもしろ数学カレンダー>を作成しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」では,各ユニットの研究成果を活かして地域との教育連携・協力を進めております。

本プロジェクトは平成29年度に「呉地域活性化研究」の助成を受けて進められました。地域の活性化は“地域への愛着心”に支えられます。もともと呉地域にはたくさんの歴史的・文化的産物があり,また山間と平地,幾本もの川,瀬戸内海とそこに浮かぶ島々とのコントラストの美しい地域です。

そこで,特に地域を機能的にも造形的にも形作っている「橋」に注目して,さらに数学というテイスト(すなわち数・形・つながりの視点)を加えて見直すことで,従来の観光資料にはない,魅力発信の新たな資源を作ることを考えました。それが<おもしろ数学カレンダー>です。

本プロジェクトは,数学教育を専門とする影山和也准教授とその指導学生(学部生,大学院生)10人からなるチームで進められました。メンバーは足繁く呉地域を訪れ散策し,橋と数学の組合せを協議しながら,ようやく完成しました。カレンダーの各月のページでは,呉の多種多様な「橋」の写真と,その橋の特徴を算数・数学的視点から捉えたクイズが示され,楽しめるように工夫されています。

このカレンダーは,呉地域にあるすべての公立小・中学校に配布され,また地域の諸施設に置かれて,老若男女地域の方々の目に触れることになります。このプロジェクトにより,影山准教授の出生地である呉地域がこれからも継続して元気であることを願っています。

EVRIでは,引き続き地域との教育連携・協力を推進してまいります。活動の詳細は,EVRIのHPをご覧ください。

カレンダーについて説明する影山准教授

カレンダー(表紙)

カレンダー(5月)

カレンダー(9月)

 

【問い合わせ先】
広島大学 教育ヴィジョン研究センター(EVRI)事務室

E-Mail: evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
※(AT)は@に置き換えてください。


up