• ホームHome
  • 教育学部
  • 【成果報告】今年度もEVRIは「カンボジアの社会科カリキュラム・教科書開発支援」事業に協力しています

【成果報告】今年度もEVRIは「カンボジアの社会科カリキュラム・教科書開発支援」事業に協力しています

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は,ひろしま平和貢献ネットワーク協議会が受託したJICA草の根技術協力事業「カンボジアにおける持続可能な社会構築のための社会科カリキュラム・教科書開発支援」に協力しています。

これまで,カンボジアでの5回の現地研修と本研究科での本邦研修を行いました。その成果として,着実なカリキュラムの改善が見られました。また,現行社会科シラバスのもとでの授業の実態を把握し,パターン化した教育観・授業観を見直すために,授業研究にも取り組んでまいりました。

今回の6回目の現地研修では,次のステップとして,教科書開発に関わる研修を行いました。専門家として草原和博(本センター拠点リーダー),大坂遊(教育研究推進員),守谷富士彦(教育研究推進員),またコーディネーターとして桑山尚司(グローバル教育推進室)がカンボジアへ渡航しました。

5月5日には,コンポンチュナン州のキリソワナブン小学校で授業研究会を行い,総勢44名が参加しました。午前には5年生と6年生の授業を観察し,午後には教科書活用を視点としたワークショップ形式の授業研究会を行いました。

5月6日には,プノンペン市の教育省カリキュラム開発局において関係者32名を対象に教科書の作り方をワークショップ形式で協議。教科書の構成方法を理論的に学んだ上で,現行教科書の改善案を考え提案しました。研修の最後には,地理・歴史・公民道徳・家庭経済の各領域別に教科書編集のアクションプランを作成しました。

6月に実施する本邦研修では,カンボジアから6名の研修員をお招きし,単元単位の教科書デザインを進めてまいります。教科書づくりの多様な方法論を共有し,社会科教科書の改善を支援していく予定です。

広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)は,今後もカンボジアの社会科シラバス・教科書の開発を支援してまいります。活動の詳細は,EVRIのHPをご覧ください。

授業者への質問の様子(5日)

授業研究会での発表の様子(5日)

教科書構成に関するワークショップ(6日)

教科書改善案へのコメント(6日)

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up