【成果報告】教員養成と教員研修の連携の在り方についての講演会を開催しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、2018年5月31日に第7回定例セミナーを開催いたしました。

今回は、「教育の専門家」研究ユニットの拠点形成にむけて、広島県立教育センター所長に就任された平田浩一(ひらた・こういち)先生をお招きし、「教員研修が目指すもの、教員養成に期待すること」の題目でご講演いただきました。県内の教職課程をもつ大学の担当者や指導主事等が一堂に集う場となりました。

本講演では、教育センターの研修方針を示しつつ、教員養成と教員研修の連携の可能性について、具体的で率直なご提案を頂きました。平田先生は、養成と研修の担当者が「お互いを知ること。両者がそれぞれの組織で何をしているか全然知らないし、内容にも重複も多い」と語りました。今後の展望として、指導主事が大学の授業を参観したり、大学教員が研修企画に参画したり、大学院生が教育研究の検証に協力したりする、などの連携のあり方をご提案されました。

広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)では、引き続き教員養成と教員研修の接続のあり方、そして教師教育者の養成についての研究や共同事業を、地域と連携しながら推進してまいります。活動の詳細は、EVRIのHPをご覧ください。

平田先生

話し合いの様子

発表の様子

参加者からの質疑応答

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up