【成果報告】日本語IB教育のTOKと「言語と文学」を考えるフォーラムを開催しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、2018年8月25日に研究拠点創成フォーラム(7)「TOKおよび「言語と文学」のワークショップ」を開催いたしました。「カリキュラム」研究ユニットでは「IB教育」クラスタを設置し、インターナショナル・バカロレア(IB)に対応したカリキュラムや評価法の開発に取り組んでいます。この活動に関連して、英数学館高等学校の福島浩介先生をお招きしました。

第Ⅰ部のワークショップでは、TOKの具体的な授業の姿をお示しいただきつつ、教科との関わりについて母語科目「言語A:言語と文学」を事例にご説明いただきました。また、第Ⅱ部の研究発表では、山元隆春(本研究科国語文化教育学講座 教授)ゼミに所属する院生が、「言語A:文学」の二種類のオックスフォード出版教科書を翻訳・紹介しました。

TOKと教科との関連という観点からの本フォーラムを通じて、新学習指導要領による教育改革の具体化を課題とする我が国の学校教育に多くの示唆を得ることができました。

ワークショップの様子

講演される福島先生

多くの方が耳を傾けました

間瀬先生の挨拶

活動の詳細は、EVRIのHPをご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up