広島大学の教員らがマツダ研究助成に採択されました

記念写真

公益財団法人マツダ財団が、優れた研究に対して助成する「マツダ研究助成」2018年度受賞者に、工学研究科・山本 征孝 研究員、工学研究科・荻 崇 准教授、教育学研究科・木村 彰孝 准教授の3人が採択されました。
2018年10月3日、マツダ財団の小飼 雅道 理事長が東広島キャンパスに来学され、工学研究科小会議室にて贈呈式が執り行われました。

採択された研究課題は次のとおりです。(申請順)
 

○大学院工学研究科 研究員 山本 征孝

研究題目:加齢や疾患による多様な身体機能低下に対応する成長型アシストデバイスの開発

 

○大学院工学研究科 准教授 荻 崇

研究題目:新規テンプレートを用いる構造が制御された中空微粒子合成プロセスの開発と熱移動特製の評価

 

○大学院教育学研究科 准教授 木村 彰孝

研究題目:地域の資源を活用した問題発見・解決型「木育」プログラムの開発

 

公益財団法人マツダ財団 小飼 理事長の挨拶

大学院工学研究科 山本 征孝 研究員

大学院工学研究科 荻 崇 准教授

大学院教育学研究科 木村 彰孝 准教授

 

【この記事に関するお問い合わせ先】
広島大学大学院工学研究科支援室 総務担当
TEL:082-424-7504
E-mail:kou-bucho-soumu*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up