【成果報告】ダルマプルサダ大学(インドネシア)の先生方と学生へ統計学とレポートの書き方の講義をしました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、広島大学の海外研究交流拠点(HUGLI : Hiroshima University Global Learning Institute)の開発と活性化に努めています。本活動の一環で、山村麻理子講師(数学教育学講座)が、2018年10月9日〜11月1日にインドネシアのダルマプルサダ大学を訪問し、統計学とレポートの書き方に関する講義を行いました。

統計学の授業では、講義と実習の両方を行いました。数学やコンピューターを用いた分析や、アンケート調査及び日本語検定合格者の状況をまとめたデータなどを用いた分析・解釈のし方を指導しました。

レポートの書き方の授業では、学術論文の構成について触れ、研究の背景から目的、方法、そして結論に至るまでを論理的に伝える道筋を説明しました。日本語だけでなく論文構成も学ぶことができ、よい学習経験になったと高く評価していただけました。

EVRIはインドネシアにおける海外研究交流拠点の活性化に向けて、引き続き活動してまいります。

講義の様子

集合写真

活動の詳細は、EVRIのHPをご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up