【成果報告】研究拠点創成フォーラム(12)「第1回教科教育国際会議:東アジアにおける教科教育学のパラダイム」を開催しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、2019年2月17日に知識創成フォーラム(12)「第1回教科教育国際会議:東アジアにおける教科教育学のパラダイム」を開催しました。

本フォーラムは、日本教科教育学会との共催によるもので、アジア各国の有力大学から研究者を招聘し、「学問領域としての『教科教育学』は各国でどのように定義されているか」について議論しました。

午前の部では、授業の語りに見られる地域的なコンテキストの影響、授業分析の視点の相違などをめぐって意見が交わされました。午後の部では、意見交換を通して、各国で教科教育学が確立されてくる経緯や学問体系から見た教科教育学の位置づけの違いが浮き彫りになりました。その後のディスカッションでは、アジア各国の教育学(の知識)の構造、教員養成のシステム、教員に期待される専門的知識、教育政策上の優先課題、海外からの学術的な影響、各大学がおかれた文化的・政治的背景や大学内の権力作用などが複雑に作用し、教科教育学のパラダイムが多元的に存立していることが確認されました。

来年度以降も第2回・第3回のシンポジウムを継続的に開催し、広島大学を拠点に東アジアにおける教科教育学のパラダイムを協働して追究して参ります。

集合写真

質疑応答の様子

ディスカッション

意見交換の様子

活動の詳細は、こちらをご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up