【成果報告】つくり手の言葉から工芸を考えるセミナーを開催しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、学習空間研究ユニット及びカリキュラム研究ユニットに関連して、2019年2月1日に第16回定例セミナー「つくり手の言葉から工芸を考える」を開催しました。本セミナーでは、東京国立近代美術館工芸課長の唐澤昌宏先生をお招きし、つくり手(工芸家・創造者)の言葉を通して、とくに工芸の立ち 位置から創作や表現に関わる活動と教育(鑑賞)についてお話しいただき、創造者と鑑賞者、さらには美術館との連携を考えました。

セミナーには、本学の学生や教員以外に、学外からも高校・大学の教員,工芸作家、美術館学芸員など、つくり手の方から作品を広めていく方、つくり手を育てる方や教育として伝える方といった様々な立場の方が聴講にお越しくださいました。セミナー終了後も熱心に質問をしている姿がみられ、終始有意義な場となりました。

唐澤先生による講話

セミナーの様子

質疑応答の様子

活動の詳細は、こちらをご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up