「広島大学・ダルマプルサダ大学 大学間交流キックオフミーティング」を開催しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、広島大学の海外研究交流拠点(HUGLI:Hiroshima University Global Learning Institute)の開発と活性化に努めています。本活動の一環で、広島大学はインドネシアのダルマプルサダ大学と教育・研究交流を行ってきました。そこで、本年度の交流の成果を振り返り、今後の展望を議論するために、2019年2月28日に「大学間交流キックオフミーティング」を開催いたしました。

本ミーティングでは、ダルマプルサダ大学の宇田直史第一副学長補佐から、日本語教育を中心とした今回の交流に至る経緯と枠組みについて説明が行われました。次に、本学の迫田久美子副理事からダルマプルサダ大学・日本語学科の新カリキュラム開発の方針と今後の展望が述べられました。その後、本年度のHUGLI事業としてダルマプルサダ大学に派遣された永田良太教授と川口隆行准教授から、それぞれの活動報告と成果および今後に向けての提言が行われました。それを踏まえて行われた全体ディスカッションでは、今後の派遣のあり方や教育支援の内容について議論が深められました。最後に、日本インドネシア協会副会長の塩尻孝二郎氏による総括がありました。

本ミーティングによって得られた多くの成果をもとに、広島大学とダルマプルサダ大学の交流が今後さらに深まることが期待されます。

宇田直史第一副学長補佐(ダルマプルサダ大学) 発表の様子

迫田久美子副理事 発表の様子

永田良太教授 発表の様子

 質疑応答

塩尻孝二郎副会長(日本インドネシア協会)による総括

ミーティング風景

活動の詳細は、こちらをご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up