【成果報告】カンボジア王国の特別支援教育の現状と展望に関する講演会を開催しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、学習空間ユニットのインクルーシブ研究クラスタに関連して、2019年3月28日に第18回定例セミナーを開催しました。

今回は王立プノンペン大学客員教授の間々田和彦先生をお招きし、「カンボジア王国における特別支援教育の現状と展望」という題目でご講演いただきました。なお、本セミナーは広島大学大学院国際協力研究科(IDEC)の主催、EVRIの共催です。

間々田先生からは、①カンボジアの教育制度の一般的な特徴、②カンボジアの特別支援教育の現状、③カンボジアの特別支援教育の歴史と課題、の3本柱で語っていただきました。先生によると、「特別支援教育」という考え方が世界的潮流の中で、カンボジアは依然として「特殊教育」であり、合理的配慮への意識が低い状態だといいます。特別支援教育の現状として、少数ながらも実践校は存在するものの、実態が不透明で、かつ質が極めて低いと評価されます。間々田先生は調査を通して実態把握を努めつつ研究者養成も進めており、今後は教育省と協力して学校教育と教員養成の改革を推進したいと決意を述べられました。
 

ご講演される間々田和彦先生

参加者の様子

質疑応答の様子1

 質疑応答の様子2

活動の詳細は、こちらをご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up