【成果報告】教師教育における哲学の役割に関する講演会を開催しました

集合写真

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、2019年5月13日に教育の専門家ユニットの教育学研究者クラスタと教師教育者クラスタの活動に関連させて、第21回定例セミナーを開催しました。

本セミナーでは、コロンビア大学ティーチャーズカレッジのMegan Jane Laverty准教授をお招きして、「The Role of Philosophy in Teacher Education(教師教育における哲学の役割)」という題目でご講演いただきました。本セミナーは、丸山恭司教授(教育学講座)による趣旨説明から始まりました。その後、Megan先生からは教育実践・教師教育実践において哲学を考えることの意味を、紀要雑誌Teachers College Record教育哲学特集号(近刊)に掲載予定の巻頭言を基に説明していただきました。

質疑応答では、普遍的な「good teaching」の明確な定義をすることの問題性や教師教育における哲学的トレーニングの必要性、哲学と教育哲学の違いなどについて議論になりました。
 

丸山恭司教授による趣旨説明

Megan先生のご発表

 質疑応答の様子

会場の様子

活動の詳細は、こちらをご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up