【成果報告】アイスランドの教師教育とセルフスタディに関する講演会を開催しました

集合写真

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、2019年6月4日に教育の専門家ユニットの教育学研究者クラスタと教師教育者クラスタの活動に関連させ、アイスランド大学教育学部のHafdísGuðjónsdóttir先生(教授・ビデオ参加)と西田めぐみ先生(博士課程後期院生)、Edda Óskarsdóttir先生(European Agency for Special Needs and Inclusive Education・研究員)をお招きし、第20回定例セミナー「アイスランドの教師教育とセルフスタディ」を開催しました。

本セミナーは3部構成で行われました。まず始めに、Hafdís先生にはビデオプレゼンの形式でセルフスタディの方法論や課題、自身のセルフスタディ実践についてご発表いただきました。次に、Edda先生にはインクルーシブ教育に関わるセルフスタディ実践について、取り組んだ経緯や目的、研究の方法、そしてご自身の変化について詳細にご発表頂きました。最後に、西田先生にはアイスランドの幼稚園でのセルフスタディ実践を基に、セルフスタディを通して得られる新たな知識やアイデンティティの変容、そして日誌を書くことや信頼できるクリティカルフレンドの存在などの重要性についてご発表いただきました。  

質疑応答では、セルフスタディの概念や用語の捉え方、セルフスタディ実践の課題、クリティカルフレンドの見つけ方などについて質問がありました。本セミナーを皮切りに、自己の実践や信念について新しい気づきのヒントを与えてくれるセルフスタディが、より多くの人に認知され、実践が蓄積されることを期待します。

Hafdis先生のご発表

Edda先生のご発表

西田先生のご発表

質疑応答の様子

活動の詳細は、こちらをご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up