【成果報告】第23回定例セミナー:教育研究成果の社会還元の仕方に関する講演会を開催しました

集合写真

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、2019年8月1日(木)に3ユニットで連携して、滋賀大学加納圭先生をお招きし、第23回定例セミナー「教育研究成果をいかに社会に還元するか~事例紹介~」を開催しました。

大学を取り巻く状況が大きく変化する今日にあって、大学における教育研究をいかに持続的に展開させていくかが喫緊の課題となっています。本セミナーでは、教育学の教育研究の成果を、従来までの学術界、学校や教育政策へ発信するのみならず、さらに広く社会に普及し還元していくための仕組みをどのように創出していくかについて、ご講演いただきました。

教育研究の成果を普及していく仕組みとして、エンドユーザーとして児童・生徒を想定し、営利型法人、非営利型法人、官公庁などとのコラボレーションを図りながら還元して行く方法が提案されました。例えば、企業のCSR活動と組んだり、ビジネスとして展開したりすることにより、研究成果をそのまま提示するのではなく、多くの人に手にとってもらえる工夫が必要となること、価格による価値付けが様々なユーザーへの普及につながること、などが事例とともに示されました。

研究内容の充実もさることながら、それをどのように伝えていくのか、その方法を考えることも一方で非常に大きなウエイトを占めていることについて認識を深めました。
 

加納先生のご講演

三好先生によるご紹介

質疑応答

参加者の方々

活動の詳細は、こちらをご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up