• ホームHome
  • 教育学部
  • 【成果報告】EVRIを拠点に「カンボジアの社会科カリキュラム・教科書開発支援」現地研修を行いました

【成果報告】EVRIを拠点に「カンボジアの社会科カリキュラム・教科書開発支援」現地研修を行いました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は,ひろしま平和貢献ネットワーク協議会(提案自治体:広島県)が受託したJICA草の根技術協力事業「カンボジアにおける持続可能な社会構築のための社会科カリキュラム・教科書開発支援」に専門家の派遣で協力しています。9月24-27日にEVRIメンバーの草原和博先生(社会認識教育学講座・教授)・桑山尚司先生(グローバル教育推進室)・守谷富士彦教育研究推進員がカンボジア現地で研修を実施しました。  

本年度は,カンボジアの教育専門家の社会科カリキュラム・教科書の開発力を高めるために,研修成果を次世代に継承するマニュアルの作成を支援しています。今回は,開発中のマニュアルの質向上に向けて,フォローアップ研修を実施しました。具体的には,マニュアルの開発進捗報告会や「カリキュラムづくり」に関する理論ワークショップ,マニュアルの「改訂前の準備と,改訂原案のパイロット調査」に関するワークショップ,そして,事業評価研修などを開催しました。  

カンボジアの教育関係者の間で,マニュアル開発の理念や意義を共有し,一体となって開発していく意識・体制が出来上がりつつあります。EVRIは引き続き関係機関と連携しながら,12月のマニュアル完成を目指し,本事業の支援を続けて参ります。

マニュアルの進捗報告の様子

ワークショップの様子

桑山先生による説明

熱心に議論する様子

今回の現地研修の詳細は,こちらをご覧ください。

また,これまでのJICA草の根技術協力事業「カンボジアにおける持続可能な社会構築のための社会科カリキュラム・教科書開発支援」の活動については,EVRIホームページ「カンボジアカリキュラム・教科書開発支援プロジェクト」をご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up