ペルーの専門家と広島大学・広島県教育委員会がペルーの二都市で体育授業研究会を開催しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン;文科省)公認プロジェクト「⽇本型体育科教育の世界への展開」を支援しています。本活動の一環で、齊藤一彦教授と岩田昌太郎准教授が2019年11月26日~29日にペルーのアレキパ市とクスコ市を訪問し、両市では初となる体育授業研究会を開催しました。

 
今回の研究会では、(1)日本の体育授業の紹介や授業研究についての概要についてのパネルディスカッションおよび講義、(2)授業研究の一連の流れ、「事前検討会―授業実践―事後検討会」の全てを日本チームで実演、という大きく二部に分けてのスタイルで実施されました。  

(1)については齊藤教授、久我アレキサンデル氏(愛知県立大学共同研究員)、およびペルーの体育専門家(教育省体育科教育専門家・体育科教育を専門とするペルーの大学教授ら4人)の協力により実施されました。
(2)については、「バレーボール」と「アダプテッドスポーツ」が題材となり、本学大学院の大学院生が実際に授業を行いました。事後検討会では、岩田准教授と光橋健氏(広島県教育委員会)が振り返りを行い、最後に、本研究会の総括として齊藤教授がまとめを述べました。  

また、今回の研究会では、2都市の体育教員のほぼ全員が参加し、合わせて900人近い参加者となりました。ペルーでの体育授業研究がさらに全国展開できるように、引き続きEVRIは体育授業研究の国際的な支援と成果の国際的発信に努めて参ります。

研究会の様子

授業実践の様子

事後検討会で発表する光橋健氏

参加者の様子

活動の詳細はこちらをご覧ください。

また、これまでの2018年度 文部科学省「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)」の「⽇本型体育科教育の世界への展開〜レッスン・スタディを活⽤したペルーの体育教員研修システムの構築〜(代表:教育学研究科・齊藤一彦)」の活動については、EVRIホームページの「EDU-Portニッポン:⽇本型体育科教育の世界への展開プロジェクト」をご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up