• ホームHome
  • 大学院教育学研究科・教育学部
  • 【成果報告】研究拠点創成フォーラムNo.19「元留学生との対話を通してアジアの初等中等教員養成について考えるー広島大学SPISEプログラムのインパクトー」を開催しました(EVRI)

【成果報告】研究拠点創成フォーラムNo.19「元留学生との対話を通してアジアの初等中等教員養成について考えるー広島大学SPISEプログラムのインパクトー」を開催しました(EVRI)

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 」は,2019年12月5日(木)に教育の専門家研究ユニット・教育学研究者クラスタに関連し,広島大学SPISEプログラムの元留学生をお招きして,第19回研究拠点創成フォーラム「元留学生との対話を通してアジアの初等中等教員養成について考えるー広島大学SPISEプログラムのインパクトー」を開催しました。

本フォーラムには,インドネシア,マレーシア,タイから元留学生特別コース修了生5人を含む15名が参加されました。そして,広島大学で学んだこと,広島大学で身につけたことを帰国後どのように活かしたか,各国の学校教育においてどのような関心や課題があるか,などが報告され,フロアとの活発な質疑応答もなされました。多くの参加者にとって,今回が帰国後初めての広島再訪問でもあり,滞在中には5つの学校園も訪問されました。  

文部科学省優先配置プログラムとして2005年10月に開始し,8期9年間続いた特別コースの留学生は39名にのぼり,修了後,初等中等教員や研究職,また教育省行政官などとしてさまざまな教育関連分野で活躍されています。SPISEプログラムを通した教育・研究の交流の輪が,在学期間に培ったフレンドシップのみならず,アジア地域の教員養成を中心とした協力につながる広島大学とのパートナーシップをさらに強化していくための,太い信頼のパイプになることを期待したいと思います。

会場の様子

報告の様子

質疑応答の様子

意見交流の様子

活動の詳細は、こちらをご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up