• ホームHome
  • 教育学部
  • ソプラノ歌手・中丸三千繪広島大学客員教授の声楽授業(学内限定)を開催しました

ソプラノ歌手・中丸三千繪広島大学客員教授の声楽授業(学内限定)を開催しました

2020年2月28日、広島大学大学院教育学研究科において、世界各国で活躍するソプラノ歌手であり、本学客員教授の中丸三千繪氏による声楽授業を開催し、学生約20人(※新型コロナウイルス影響の懸念により,参加者は学内者に限定)が受講しました。

中丸氏による声楽授業は今回で6回目。声楽を専攻する学部生4人が、それぞれの課題に沿ってレッスンを受けました。 中丸氏は「体を正しく使って歌うことが重要」と語り、学生一人一人に合わせて熱心に指導をいただくとともに、世界を目指してがんばってほしいとエールを送っていただきました。

歌のイメージを自ら表現される中丸氏

個人ごとに発声法などの指導を受けました

中丸氏の指導を学生たちも熱心に聞き入っていました

レッスン終盤には必ず「質問はありますか」と聞かれる中丸氏

【問い合わせ先】
広島大学教育学研究科音楽文化教育学講座 事務室
電話 082-424-6834(平日 10:00~16:00)


up