【開催報告】第38回 EVRI定例オンラインセミナー「学校休業下の学び支援・授業づくりを考える(1)]を開催しました(EVRI)

教育ヴィジョン研究センター(EVRI) は,2020年4月27日に第38回 EVRI定例オンラインセミナー「学校休業下の学び支援・授業づくりを考える(1)]を開催しました。同セミナーには180名ほどの教育関係者が参加し,本テーマに対する関心の高さがうかがえました。

セミナーでは,コロナ禍における中国の教育事情と教育機関の対応例や,学校休業時におけるZoomの活用事例などが発表されるとともに,学校休業下での状況に合わせた授業のあり方についての提案がなされました。

事後アンケートから,先行の取組は大いに参考になった,自分たちが置かれている状況が理解でき見通しが持てた,授業の作り方に関する多様な可能性が見えてきた,応答の大事さと評価の難しさを感じた,ポスト・コロナの課題を意識するようになった・・・などの声が寄せられました。
 

スタジオの様子

北京日本人学校 栗本和明先生

広島叡智学園 徳田敬先生

統括討議の様子

当日の発表資料と議論の要旨はこちらで取得・閲覧できます。
EVRIではすでにオンラインセミナーの第二弾を実施することとなっております。こちらも併せてご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up