• ホームHome
  • 教育学部
  • 広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」第45回定例セミナー「東広島市地域学習用デジタルコンテンツーのん太の学び場ー活用講座」を開催しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」第45回定例セミナー「東広島市地域学習用デジタルコンテンツーのん太の学び場ー活用講座」を開催しました

広島⼤学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、2020年8月15日(土)に第45回定例セミナー「東広島市地域学習用デジタルコンテンツーのん太の学び場ー活用講座」を東広島市立図書館で実施しました。

市内の小学生9名がタブレット端末を使って「のん太の学び場」での学習に挑戦し、本学学生・大学院生5名が学習支援を務めました。

13時から16時までの3時間を三分割して進行しました。進行は大坂教育研究推進員が務めました。

1時間目は「のん太の学び場」で何が・どのように学べるかを実体験的に学習しました。20のキーワードと問いを確認するとともに、HPにはどのような問いや資料が提示されているかを解説していきました。当日は、①警察署や消防署、図書館前と②のんバスの乗り場をZoomで結んで中継し、①そこには東広島の市旗が掲揚されているか、②のんバスと他の民間バスとはどこが違うかについて、参加者とともに確認していきました。草原和博センター長は、①施設に市旗が揚がっている・いない理由を考えたり、②コミュニティバスとしての「のんバス」の特色を追究したいときは、「のん太の学び場」を積極的に使ってほしいと呼びかけました。

2時間目は「のん太の学び場」を使って調べ活動を展開しました。当日は20のキーワードのうち「酒づくり」「公園」「市旗」「牛」「消防署」「広島大学」「のんバス」に関心を寄せる児童が集まり、各自が立てた問いを追究していきました。図書館にご用意いただいた参考図書は、調べ学習に大いに役立てることができました。参加した児童は、A3の紙にインターネットや参考図書を読んで分かったことを書き出したり、資料を引用して貼り付けたりしていました。この指導には大学院生と図書館の担当者が共同してあたりました。

3時間目は「のん太の学び場」の調べ活動の成果発表を行いました。最初に児童がペアで成果を報告し合い、次に大学院生がその価値を全体に向けてレポートしました。最後に草原センター長が短評を述べ、受講証を手渡しました。また図書館長が講評しました。当日は「KAMONケーブルテレビ」が取材に入り、児童の学びの様子はもちろん、支援にあたった学生にもインタビューをしていました。

参加した児童の皆さんには、「のん太の学び場」の作品展への応募を呼びかけました。送られてきた作品は本HPで紹介してまいります。

会場の様子

消防署前とつないで学習「消防署にはどんな旗があがっているかな」

タブレットを使った学習の様子

調べ学習のまとめの様子

発表の様子

受講証の授与、お疲れさまでした!

当日の発表資料と議論の要旨はこちら

今後のセミナーについて:イベント一覧をご覧ください。

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up