• ホームHome
  • 大学院教育学研究科・教育学部
  • 【開催報告】【2021.01.14】広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」第63回定例オンラインセミナー「授業研究を軸に教師教育を変革する(4):「授業研究を軸にした教師教育(Lesson Study-based Teacher Education)の編著者との対話」」を開催しました

【開催報告】【2021.01.14】広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」第63回定例オンラインセミナー「授業研究を軸に教師教育を変革する(4):「授業研究を軸にした教師教育(Lesson Study-based Teacher Education)の編著者との対話」」を開催しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、2021年1月14日(木)、教育学部の共同研究プロジェクト推進経費「「授業研究」に基づく教師教育に関する国際共同研究プラットフォーム開発研究(1)」(研究代表者:金鍾成)の成果公表として、第63回定例オンラインセミナー「授業研究を軸に教師教育を変革する(4): 授業研究を軸にした教師教育(Lesson Study-based Teacher Education)の編著者との対話」を開催しました。

 

まず、“Lesson Study-based Teacher Education: The Potential of the Japanese approach in global setting”(Kim, Yoshida, Iwata, & Kawaguchi, 2021)の編集者である金鍾成助教吉田成章准教授岩田昌太郎准教授川口広美准教授が、「授業研究をどう定義するか」「教師教育における授業研究の意義は何か」「日本の授業研究の長所と短所は何か」の3つの問いをテーマに議論を行い、その議論に対してオーディエンスも各自の見解を述べる形で会が進まれました。当日は、オンラインで約33名の皆様にご参加いただきました。

 

最初に議論となったのは、授業と授業研究の定義でした。まず、授業を教師の「実践」として捉えるか、または子どもと教師を取り巻く「現象」として捉えるかによって、授業研究の意味は変わるという理解が共有されました。さらに、授業「を」研究することと授業「で」研究することの意味の違い、さらに授業「の」研究、授業「のための」研究、授業「による」研究の意味の相違など、授業研究の対象、目的、主体によって授業研究が持ちうる意味が変わるという理解も共有されました。授業研究を定義する際の論点が浮き彫りになった一方で、授業研究を定義する難しさも見えてきました。

 

教師教育における授業研究の意義として、教師の主体性、専門性が発揮できる方法であること、子どもの学びに焦点をあてた専門性開発であること、専門家集団の協力を通して授業改善を目指していることなどが議論されました。特に「専門家としての教師」「研究者としての教師」の育成における授業研究の有効性が共有されましたが、授業の定義の相違から生じる「専門家像」「研究者像」の相違も浮かび上がってきました。

 

あわせて,上のような授業研究の哲学が共有されないままにTop-downの授業研究が広がっていることへの懸念も示されました。個々の教師の「なぜ授業を研究する必要があるか」の探索なしには授業研究が形骸化・形式化してしまい、負担感だけ増すとの指摘もありました。“Lesson Study-based Teacher Education: The Potential of the Japanese approach in global setting”で編集者らが試みたように、日本の授業研究に潜んでいる様々な規範を「新たに」露わにすることで、 授業研究を日本の内外で発展させる必要性も議論されました。

 

EVRIでは「教師教育・授業研究」ユニットを中心に、引き続き「授業研究を軸に教師教育を改革する」方略について検討してまいります。

司会(金鍾成助教)

趣旨説明の様子(川口広美准教授)

吉田成章准教授

岩田昌太郎准教授

授業研究に関する書籍

書籍を紹介する様子(吉田成章准教授)

当日の様子はこちらをご覧ください。
セミナーシリーズについてはこちらをご覧ください。
 

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up