【広島公演:2021/9/23,京都公演:2021/10/2開催】本学人間社会科学研究科 髙旗健次教授のヴァイオリンリサイタルを開催します

ドイツ国家演奏家資格を取得し,現在,広島大学大学院人間社会科学研究科音楽文化教育学領域の髙旗健次教授が,ベルギーのヴァイオリニスト兼作曲家であるE.イザイ(1858-1931)の無伴奏ヴァイオリンソナタ全6曲の演奏に挑みます。

イザイは19世紀末から20世紀初頭にかけての,ヴァイオリン演奏史における偉大な人物であり, 彼の無伴奏ヴァイオリンソナタ全6曲はヴァイオリニストにとって, J.S.バッハやN.パガニーニ,B.バルトークなどの無伴奏作品と共に, 大変重要なレパートリーのうちの一つに位置付けられます。
今回,この難曲を東広島と京都で演奏することで,ヴァイオリン界の,より一層の技術と文化の向上を目指し,クラシック音楽には普段縁のない一般の方々にも,親しみを持ってアプローチすることを目的としています。

多くの皆様のご来場をお待ちしております。

日時・場所

【広島公演】
 日時:2021年9月23日(土)14:30開演(14:00開場)
 場所:東広島芸術文化ホールくらら 小ホール

【京都公演】
 日時:2021年10月2日(土)14:30開演(14:00開場)
 場所:京都 青山音楽記念館 バロックザール

入場料

【広島公演】
  【一般】3,000円(当日券 3,500円)
  【学生】1,500円(当日券 2,000円)
  【くららフレンズ】2,500円
  【車椅子席】2,500円
    ※未就学児の入場はご遠慮ください。

【京都公演】
  【一般】3,000円(当日券 3,500円)
  【学生】1,500円(当日券 2,000円)
    ※未就学児の入場はご遠慮ください。

プログラム

第1番 ト短調【献呈:ヨーゼブ・シゲティ(1892-1973)、ハンガリー】
 第1楽章:グラーヴェ(遅く荘重に)
 第2楽章:フガート(※一つの主題が逐次入りを成す形式)
 第3楽章:アレグレット・ポコ・スケルツォーソ(快速に、少し、面白く)
 第4楽章:フィナーレ・コン・プリオ(終曲、活き活きと)

第2番 イ短調【献呈:ジャック・ティポー(1880-1953)、フランス】
 第1楽章:執念
 第2楽章:憂鬱
 第3楽章:亡霊たちの踊り
 第4楽章:復讐の女神たち

第3番 ニ短調 バラード【献呈:ジョルジュ・エネスコ(1881-1955)、ルーマニア】

第4番 ホ短調【献呈:フリッツ・クライスラー(1875-1962)、オーストリア】
 第1楽章:アルマンド(※2拍子系の舞曲)
 第2楽章:サラバンド(※ゆったりとした舞曲)
 第3楽章:フィナーレ(終曲)

第5番 ト短調【献呈:マテュー・クリックボーン(1871-1947)、ベルギー】
 第1楽章:曙光(しょこう)
 第2楽章:田舎の踊り

第6番 ホ長調【献呈:マヌエル・キロガ(1892-1961)、スペイン】

後援

日本音楽表現学会

【チケット取り扱い】

【広島公演】
 東広島芸術文化ホールくらら チケットセンター
 TEL: 082-426-5990(10:00-19:00 土日祝日営業)
 http://kurara-hall.jp/ticket
   7月20日(火)10:00~ くららフレンズ・同時発売

【京都公演】
 青山音楽記念館
   https://barocksaal.com/
 TEL:075-393-0011(9:00~18:00 月・火曜日休館)


up