• ホームHome
  • 大学院教育学研究科・教育学部
  • 【開催報告】【2021.05.24】広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター (EVRI)」は,第77回定例オンラインセミナー「日本語チュータープログラム報告会」を開催しました。

【開催報告】【2021.05.24】広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター (EVRI)」は,第77回定例オンラインセミナー「日本語チュータープログラム報告会」を開催しました。

2021年5月24日(月)に,第77回定例オンラインセミナー「日本語チュータープログラム報告会」を開催しました。当日は大学教員・大学院生を中心に36名が参加しました。

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は,広島大学の海外交流研究拠点(HUGLI:Hiroshima University Global Learning Institute)の開発と活性化に努めています。

本活動の一環で,2020年12月~2021年2月に,広島大学の学部生・大学院生とインドネシア・ダルマプルサダ大学の教員がペアになり,日本語や日本文化についての質問に答える「日本語チュータープログラム」をオンラインで実施しました。

司会の永田良太教授による主旨説明の後,双方の大学からチュータープログラムの参加者による活動報告が行われました。

次に,本プログラムに日本語チューターとして参加した大野芽生氏(広島大学・学部生),守谷富士彦氏(広島大学・大学院生)による発表が行われました。大野氏からは,プログラムを通してチューターである大野氏自身も日本語教師としての成長を自覚したことが発表されました。守谷氏からは,研究のテーマや方法論に関して相互に示唆を与えたことが発表されました。

大野氏(広島大学)

守谷氏(桃山学院教育大学)

本プログラムに参加したダルマプルサダ大学の日本語学科の先生方(Yosefa Putri Tanjungsari氏,Hargo Saptaji氏)からは,本プログラムにおける日本語学習の成果と意義について報告が行われました。

Yosefa氏(ダルマプルサダ大学)

Hargo氏(ダルマプルサダ大学)

それぞれの活動内容および活動の成果が発表された後,今後に向けての協議が全体で行われました。日本語や日本文化にとどまらず,相互理解の深まりが見られ,チュータープログラムの意義が改めて確認されたセミナーとなりました。

EVRIは,インドネシアにおける海外交流研究拠点の活性化に向けて,引き続き活動してまいります。

当日の様子はこちらをご覧ください。

イベント一覧についてはこちらをご覧ください。

 

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up