• ホームHome
  • 教育学部
  • 【開催報告】【2021.09.15】広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は,東広島市広域交流型オンライン社会科地域学習(災害から身を守る)を実施しました

【開催報告】【2021.09.15】広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は,東広島市広域交流型オンライン社会科地域学習(災害から身を守る)を実施しました

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は2021年度から、東広島市教育委員会と連携して、市内複数の小学校をオンラインで結んだ広域交流型オンライン社会科地域学習を開始しました。GIGAスクール構想の推進によって実現した子どもたちの「1人1台」端末と学校のICT環境を活用して、市内各地からの中継を交えながら、東広島市の地理・歴史・政治・経済・文化などについて対話的・双方向的に学びます。さらに、この学びを広島大学の教員と大学院生がコーディネートします。

本年度は、2021年6月の試行に基づいて、毎月1回2時間、テーマを決めて授業を行います。この企画が実現することで、小規模校と大規模校の子どもが、年間を通して、各地域のようすを比較したり交流したりしながら学びを深められるように工夫しています。

2021年9月15日に,東広島市内小学校8校13学級(郷田,原,小谷、豊栄、入野、風早、高屋西、御薗宇)の4年生(384名)が参加し,東広島の「災害」をテーマにした授業を実施しました。

今月は「さい害から身を守る-さい害でキケンなところ,さい害のサインをさがそう!-」を目標に実施しました。

1時間目は,まず自然災害の専門家である熊原康博准教授に事前に児童から寄せられた質問に答えていただきました。疑問に答える過程で,本時のめあてである「身近な地域で,災害に弱いところ=キケンなところをさがそう!」を確認しました。その後,クイズに取り組んだり,高屋周辺の「土石流」と「浸水」が発生しやすいところを中継で結んで,災害発生地の地形的特徴や災害の原因を探究していきました。土石流については,現場のようすをドローンの映像で観察しました。浸水については,元消防団員の方のお話を伺うことで,過去の浸水規模や浸水しやすいところの地形,浸水に対する備えについて知ることができました。

2時間目は「身近な地域でキケンなところをさがそう!」と題して,参加校の校区で土石流や浸水の起こりやすいところを見つける活動を行いました。1時間目に学んだ概念を活用して,標高を色分けした地図を読み解いていきました。児童が予想した危険地域とハザードマップが指し示す危険地域を照らし合わせながら,災害が起こりやすい地域を確認していきました。各学校の発表を通して,東広島市には,土石流が多いところ(山ぎわの谷)もあれば,浸水が起こりやすいところ(川沿い),高潮が起こりやすいところ(海沿い)もあることが分かりました。ハザードマップでは危険と示されていないところを危険指摘した学校に対して,熊原先生は「ハザードマップだけを頼りせずに自分たちでも考えてほしい」とコメントされました。その後,市役所の危機管理課と中継を結んで,市が発している最新のキケンのサイン(ハザードマップ,緊急告知ラジオ,防災メールなど)を学びました。最後に小寺池近くの水害碑を観察することで,昔の人が残してきたキケンのサイン(山津波の記録)を知りました。

2時間の学習を通して,東広島の災害の種類を捉えるとともに,各地域で災害から身を守る方法を考え,交流することができました。

広島大学にて授業をする様子(草原教授

土石流の被害を伝える様子(岩佐氏)

浸水の被害を伝える様子(島本氏・熊原准教授)

市役所からのサインを伝える様子(危機管理課・川上氏)

災害碑について解説する様子(熊原准教授)

教師からの発問に悩む児童

ドローンを用いた土石流現場の観察

授業当日の学校の板書(2)

※元消防団員の島本様,東広島市役所危機管理課様には,氏名と写真の掲載の許可をいただいております。

EVRIは,引き続きICTを活用した新しい地域学習のヴィジョンを提案し,それを教育関係機関と連携しながら企画・実施してまいります。

当日の様子はこちらをご覧ください。

プロジェクト全体についてはこちらをご覧ください。
6月の実践(のんバス)についてはこちらをご覧ください。
7月の実践(農産物直売所)についてはこちらをご覧ください。

 

【問い合わせ先】
広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 事務室

E-Mail:evri-info(AT)hiroshima-u.ac.jp
​※(AT)は@に置き換えてください


up