次世代育成支援対策推進法に基づく広島大学の行動計画

広島大学は、男女共同参画宣言の下、家庭生活と教育・研究・就業とを両立できる職場を目指して、次世代育成支援対策推進法に基づき、平成17年度から行動計画を策定しています。「第1期行動計画」では、規則整備を中心に目標をすべて達成し、「2010年認定事業主」の認定を受けました。

また、「第2期行動計画」では、学内保育園の運営を充実させるなどの目標を全て達成しました。

その後、「第3期行動計画」では、男性職員が積極的に育児に参加できるよう、制度を活用しやすい環境づくりに取り組むなどの目標を掲げ、両立支援の充実を目指し、各種取組を実施しました。

「第4期行動計画」においては、研究支援員制度や病後児保育利用料補助などの両立支援の継続と、支援を利用しやすくなる環境の整備に取り組んでいます。

このたび策定した、令和4年度からの「第5期行動計画」においては、多様な働き方に配慮しながら、両立支援の更なる充実を行うとともに、制度を活用しやすい環境を整備し、職員のワークライフバランスのより一層の推進に取り組みます。

行動計画


up