入試の概要(法学部)

広島大学法学部では、次のような種類の入学試験を行います。

法学部は「法学科」の1学科だけからなる学部ですが、昼夜開講制をとっており、入学志願者は入学試験の段階で「昼間コース」か「夜間主コース」のいずれか一方を選んで受験することになります。どちらのコースも修業年限は4年(最長在学年限は8年)です。

一般入試

大学入試センター試験を受験したのち、一般入試を受験します。試験は、前期日程(2月下旬)と後期日程(3月中旬)の2回行われます。
入試日程、募集人員、入試科目等の詳細は、広島大学 入試情報ページをご覧ください。

AO入試

・ センター試験を課す選抜「総合評価方式・II型」を受験して、昼間コースを目指すことができます。

・ 国際バカロレア資格取得者を対象とした選抜「対象別評価方式・国際バカロレア入試」を受験して、昼間コース及び夜間主コースを目指すことができます。

・ 以下の年齢等の条件が合致すれば、広島大学AO入試を受験して、夜間主コースを目指すことができます。

  1. 22歳以上: 「現在の職場で法律の知識が必要になったので学び直したい」「定年退職を機に勉強してみたい」「子育てが一段落したので勉強を再開したい」といった社会人の皆さんは、「対象別評価方式・社会人入試」を受験できます。
  2. 60歳以上:中高年者を対象とした入学制度「フェニックス方式」を受験できます。

・ 入試日程、募集人員、入試科目等の詳細は、広島大学 入試情報ページをご覧ください。

編入学(第3年次)

入試日程、募集人員、入試科目等の詳細は、左メニューの「編入学(第3年次)試験詳細」をご覧ください。


up