看護学専攻

あらゆる健康レベルの人が、その人が持つ力を最大限に活用し、自らセルフケアを行え、その人らしい生活を過ごせるよう、健康増進と健康回復のために働きかけます。

看護学専攻で何が学べるか

看護の対象である「人間」を総合的に理解し、健康に関する科学的な知識や看護の機能・方法を学び、知識を活用して物事の本質を見抜き、主体的に判断する能力や看護学を発展させる研究能力の基礎を、4年間のカリキュラムをとおして身につけていきます。
専門科目を①健康科学・基礎看護学、②臨床看護学、③地域・老年看護学で構成し、2、3、4年次には病院や地域での臨地(臨床)実習も行います。

臨床看護学

人間のライフサイクルで区分した各領域の健康の特徴を医学知識を基盤にしながら理解し、その看護について学びます。中でも成人看護学、小児看護学、母性看護学の領域と精神看護学を学びます。

健康科学・基礎看護学

人間の健康と環境に関する科学知識と、理論的裏付けに基づいた看護の方法と看護の現在および将来、看護の実践を規定している法律や制度、実践を管理する方法など、看護を学ぶ土台についていろいろな角度から学びます。

地域・老年看護学

臨床看護学の各領域で対象とされる人々が地域で生活される際に必要な援助方法やシステムを追求する地域看護学に加え、高齢者の理解や援助方法を追求する老年看護学を学びます。

カリキュラム PICK UP

 看護学実習

 

看護学実習は、地域や病院などの医療現場において、新生児から高齢者の方々までを対象に看護実践を展開します。しっかり活動できるように、学内の実習室で事前の技術練習を十分に行います。医療現場の指導体制も整っています。

取得可能免許・資格

看護師国家試験受験資格
※さらに所要の単位を修得すれば保健師国家試験受験資格、助産師国家試験受験資格、養護教諭一種教員免許が取得できます。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教員の声(「広島大学で何が学べるか2020」から転載)

森山 美知子教授(成人看護開発学)

看護ケアを科学する あらゆる側面から看護学を深く学ぶ

本専攻では、看護の対象である人と社会・環境・疾病の複雑な様相から人々の権利擁護まで、看護学を深く修得することのできるカリキュラムを提供しています。生命の誕生から尊厳のある看取りまで、限りある命を精一杯生きようとする人々との、感動的な出会いがあなたを待っています。


up