薬科学科で学べること

4年制課程の薬科学科は、次のような目標を持っています。

  1. 創造的な思考力を発揮し、自ら新しい問題に意欲的に取り組む能力を身につける。
  2. 旺盛な科学的探究心および強い学習意識を培い、広い学識の修得を目指す。
  3. 国際的にも活躍できる創薬研究者・技術者、次世代医療開発者、高度医療情報提供者、環境・衛生技術者等の職能人としての能力を身につける。
  4. 次世代の生命科学・医療を牽引するために、大学院に進学し、高度な薬学・医学に関する知識および技術を身につける。

国際的に活躍できる創薬研究者・技術者を養成する

薬科学科では、1~2年次で基礎薬学の学問基盤と知識を修得する一方、3~4年次に最先端の研究に早い時期から触れることによって、高い研究マインドを養います。医薬品についての正確な化学的・医学的知識を背景に、医療の質の向上と薬学研究の進歩発展に貢献することを目指し、国際的に活躍できる創薬研究者・技術者、高度医療情報提供者、環境・衛生技術者などの職能人となる能力を身につけます。卒業生は、製薬・化学・食品などの企業や公的機関の研究者・技術者として社会に貢献していくことになります。さらに、より高度な職能を身につけるために、大学院医系科学研究科総合健康科学専攻の博士課程前期(2年制)および博士課程後期(3年制)に進学し博士号(薬科学)を取得することを推奨しています。

カリキュラム PICK UP

卒業研究

3年次後期になると、自らが選択した研究分野を専門としている研究室に所属し、演習と実習が中心のカリキュラムで、その分野に関する最先端の知識と技術を学びます。

キャリア教育セミナー

薬学部では、早い時期から将来の職業について考える機会として、全学年を対象にしたキャリア教育セミナーを実施しています。製薬会社、化粧品会社、食品会社、調剤薬局、病院薬剤師の現状や、実際の職種などについて各企業の方に説明していただきます。個別に質問できるブースで、学生と企業との活発な意見交換もでき、就職意識が高まります。

取得可能免許・資格

■高等学校教諭一種免許状(理科)

学生の声(「広島大学で何が学べるか2020」から転載)

澤井 泰宏さん(薬科学科 4年次生(平成30年度))

薬を科学する楽しみを学ぶ

薬科学プログラムでは、薬に関する授業に加え、研究室の先生方と相談しながら卒業研究を行います。薬に関連した科学研究は、将来、製薬、化粧品、食品など、さまざまな分野での研究力につながります。毎日、研究や部活など楽しく充実したキャンパスライフを送っています。

研究テーマ「薬用植物に含まれる生物活性物質の研究」


up