社会貢献活動

2020年度

  • 2020/10/18 グローバルサイエンスキャンパス(GSC)広島 第3回ステップアップステージ分野別科学セミナー(生物)「海洋生物ウミホタルの発光実験と分子生物学実験の基礎」を行いました。
    新型コロナウイルス感染症対策のため、オンラインセミナーの形式で実施しました。高校生17名の方に受講していただきました。
    瀬戸内海に多く生息する発光動物の一種であるウミホタルを対象に、生体の採集から形態観察、発光実験を行い、動物を取り扱う生物学実験の基本を学習しました。
    さらに、現代生物学で必須となる分子生物学的実験手法の基礎的な一例として、ウミホタルからDNAを抽出し、PCRによって特定のDNA配列を増幅する方法を学びました。
    グローバルサイエンスキャンパス(GSC)広島に関してはhttps://www.hiroshima-u.ac.jp/gscをご覧ください。
  • 2020/10/13 尾道市立高見小学校3年生の皆さん(児童19名、教員2名)が来所し、2020年度2回目となる磯探検を行いました。
    新型コロナウイルス感染症対策のため、屋外のみで行いました。
    磯で様々な生物を採集し、観察しました。
  • 2020/8/7  教員免許状更新講習「【選択】発光海産動物を用いた生物実験の基礎」を行いました。
    中学校・高等学校「理科」教諭、および、生物学に興味がある小学校教諭、合計10名の方に受講していただきました。発光海産動物に関する講義、および、ウミホタルを用いた実験を行いました。
  • 2020/8/3~5 私立清心女子高等学校1年生の皆さん(生徒20名、教員2名)が来所し、SSH・生命科学Labo「広島大学海洋実習」を行いました。
    新型コロナウイルス感染症対策のため、前後半それぞれ生徒10名ずつの2グループに分けて実習を行いました。
    潮間帯の海岸動物の採集と観察・同定、砂浜と干潟における動物の採集と観察・同定、プランクトン採集と顕微鏡観察、ウミホタルの採集と発光の観察などを行いました。
  • 2020/7/17 尾道市立高見小学校3年生の皆さん(児童19名、教員2名)が来所し、2020年度最初(1回目)の磯探検を行いました。
    新型コロナウイルス感染症対策のため、屋外のみで行いました。
    磯採集における注意点などを学んだ後に、磯で様々な生物を採集し、観察しました。

2019年度

  • 2020/2/13 尾道市立高見小学校3年生の皆さん(児童24名、教員3名)が来所し、2019年度最後(4回目)となる磯探検を行いました。
    海岸で海藻を採集し、海藻のしおり作りを行いました。
  • 2019/9/25 尾道市立高見小学校3年生の皆さん(児童24名、教員3名)が来所し、2019年度3回目となる磯探検を行いました。
    磯で様々な生物を採集し、観察しました。
  • 2019/7/31~8/2 私立清心女子高等学校1年生の皆さん(生徒25名、教員2名)が来所し、SSH・生命科学Labo「広島大学海洋実習」を行いました。
    潮間帯の海岸動物の採集と観察・同定、砂浜と干潟における動物の採集と観察・同定、プランクトン採集と顕微鏡観察、ウニの受精と発生の観察、ウミホタルの採集と発光の観察などを行いました。
  • 2019/6/23 尾道市立高見小学校3年生の皆さん(児童24名、教員3名)が来所し、2019年度2回目となる磯探検を行いました。
    磯で様々な生物を採集し、観察しました。
  • 2019/5/17 尾道市立高見小学校3年生の皆さん(児童24名、教員3名)が来所し、2019年度最初(1回目)となる磯探検を行いました。
    磯採集における注意点などを学んだ後に、磯で様々な生物を採集し、観察しました。


up