学長挨拶

広島大学が躍動し広島の地を活性化させる基金の設立にあたって

白島学校創立以来、75年の前史を経て開学した広島大学は2024年、創立75周年の節目を迎えます。原爆の廃墟の中から「平和の大学」としてフェニックスのように立ち上がり、国内有数の総合研究大学として発展をつづけ、現在ではSGU(スーパーグローバル大学創成支援事業タイプA(トップ型))13大学の一つとして選定されております。

今年4月に策定した広島大学の長期プランSPLENDOR PLAN 2017は、新しい平和科学の理念である「持続可能な発展を導く科学」を実践する世界的な教育研究拠点となることを表明したものです。

そのためには産官学共同によるイノベーションの創出は地域の活性化にも欠かせません。また、国立大学法人にとりまして2024年は第3期から第4期への過渡期であり、まさに正念場となる時期でもあります。

このたび、広島大学創設75周年(2024年)を目指した「広島大学が躍動し広島の地を活性化させる基金」を設立し、広島の地にイノベーションを創出させるための事業経費に充てていくための寄附募集を行うことといたしました。そのスタートアップとして既に学内での寄附募集を開始したところではありますが、事業達成のためには、皆様方の幅広いご支援とご協力が是非とも必要です。誠に恐縮ではございますが、本基金の趣旨にご賛同いただき、皆様方のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

広島大学長
越智 光夫


up