• ホームHome
  • 広島大学基金
  • 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う応急学生支援金について(お願い)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う応急学生支援金について(お願い)

令和2年4月23日

各  位

広島大学長
越智 光夫

 皆様ご存知のように、新型コロナウイルスの感染者急増を受けて、政府は4月16日、新型コロナウイルス感染症対策に伴う緊急事態宣言の対象地域を、広島県を含む全都道府県に拡大しました。

 また、4月18日には、広島県より4月22日から5月6日までの休業要請が出されました。その影響で学生は新学期を迎え、期待を胸に勉学や課外活動等に勤しむことができなくなり、不安な日々を過ごしています。中にはアルバイトがなくなり、生活が困窮し日々の食事も厳しくなった学生も多いと報告を受けています。

 現在、窮地に立たされている学生に対し、本学としてできる限りの援助をしていくため、広島大学基金の枠組みを活用して支援金を募ることといたしました。既に学内教職員を対象に募集を開始しておりますが、できる限り多くの学生に援助するため、本学同窓生や元教職員をはじめ、本学学生を応援いただく皆様にもご支援いただけたら幸甚に存じます。出費多端な折誠に恐縮でございますが、何卒この趣旨にご賛同くださいますようお願いいたします。

受 付 期 限:令和2年6月15日(月)17時まで

支援金の申込先:広島大学基金(修学支援事業基金)への申込
        ※詳細は添付ファイル参照

支援金の取扱い:新型コロナウィルス感染症拡大に伴う学生への応急奨学金

そ  の  他:
・広島大学基金への寄附金については、所得税の寄附金控除、個人住民税(道府県民税・市町村民税)の寄附金税額控除を受けることができます。
・国立大学法人広島大学が発行した「寄附金領収書」は、税制上の優遇措置を受けるために必要です。確定申告まで大切に保管してください。

以上


up