インド洋大津波から生還した卒業生による現地報告会のご案内(9/20)



     インド洋大津波から生還した卒業生による現地報告会



            タイ・ピピ島のこどもたち



 昨年12月のインド洋大津波にあったピピ島のこどもたちの様子を

現地から一時帰国した中川俊介さんが話してくれます。

  

と き:平成17年9月20日(火)13時〜

ところ:広島大学教育学部L104号室

           (東広島市鏡山1-1-1)



 中川さんは、平成13年3月に学校教育学部(現教育学部)地学研究室を

卒業し、引き続いてJICA青年海外協力隊の理科教師としてヤップ島にて

2年間活動し、その後、タイ・ピピ島に滞在中、スマトラ沖大地震による

大津波に遭遇し、奇跡的に助かったという貴重な体験の持ち主です。

 現在、被害にあった現地のこどもたちのために、ボランテイア

活動を継続中ですが、こどもたちが描いた絵をおさめた本を出版し、

それを携えて、一時帰国中です。

 お忙しいとは存じますが、ぜひご来聴いただきますよう、ご案内

いたします。



      平成17年9月14日



        広島大学大学院教育学研究科自然システム教育学講座 

             地学研究室(担当:鈴木盛久082-424-7099)



 絵本「みんなのピピ島」の案内はこちら


up