学校経営計画

(1)学校運営 

①中等教育に係る研究組織体として、研究組織と校務分掌組織との連携性を確認、強化して、研究と運営との連動性を図る。

②学校運営全般にわたる業務の効率化について検討し、労働時間の適正化を図る。

③チーム学校としての学校運営体制を構築する。

④学校経営上の各事業をPlan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)サイクルの可視化をもって遂行する。

⑤学校経費の節約に努め、戦略的な執行を目指す。

⑥教員研修プログラムを策定して交流人事や教員研修の機能を高め、教師教育の拠点形成を目指す。

⑦学校評価システム等の精度を高めるためにアンケートの改訂を図り、それを踏まえた学校組織全体の成果向上に努める。

⑧学校広報に努め、入学希望者の増加を図る。

⑨PTA等の諸組織との緊密な連携により、教育環境の充実を図る。

(2)教育活動

A学習指導

①授業やテスト等の日々の学習活動の充実による全人教育の実現を図るとともに、学習目標の達成度を適切に評価し、その分析を通じた学習指導研究、カリキュラム開発研究、評価方法研究(ルーブリックなど)を展開する。

②グローバル化に対応した教育を推進することを通して、知識の定着と思考力、判断力、表現力等の向上を図り、平和的、民主的、文化的な地域・日本・世界の形成者に必要な資質を育成するとともに、希望する進路の実現を支援する。

B生徒指導

①ESD活動を通じた全人教育の実現を図る。

②「自由・自主・自律」を校風とする附属中・高生としての生徒の自覚を高め、生徒会活動の充実を図る。

③生徒が有意義な学校生活をおくれるような教育環境の整備に努める。

④生徒会活動、生徒指導を通じて、社会的ルール遵守や規範意識を促す。

C保健指導

①心身ともに健康な学校生活の実現を図る。

②チーム学校として、心身に課題を抱える生徒の学校生活を支援するとともに、生徒一人ひとりの健全な人間観を育成する。

③校内清掃活動を充実させ、校内美化の向上と美化意識の高揚を図る。

(3)研究活動

①先端的・先進的な研究活動を通じて、持続可能な社会づくりの担い手を育む学校運営、中等教育カリキュラムを策定し、これを広く発信する。

②大学との連携・協力の実質化に向けて具体的方策を提案し、研究開発を一層推進して、研究課題の達成を図る。

③全国の教育研究大会や学会・研究会等に積極的に参加するとともに、広島を中心とした中四国九州の教育研究機関との連携を図り、今日的な研究課題の発掘と研究方法の開拓を展開する。

④中等教育研究大会を開催し、全国の教員に研究の成果を提供する。

(4)教育実習

①先端的・先進的な研究活動を通じて、グローカルな教育観と技量(グローバルマインドを育成する指導法や英語による授業展開の指導方法及び新たな学びの方法)を備えた教員を養成するための指導計画を構築する。

②教育実習生の課題を具体的に大学に提示するシステムを構築するなど、大学との連携・協力の実質化に向けて、教育実習実施の具体的方策を提案する。

③教育実習生の教科指導力、授業力を育成するとともに、実習生の指導力、授業力を適切に評価し、その分析に基づく実習指導研究、実習指導計画研究を展開し、指導の改善を図る。

(5)グローバル化対応

①これまでのユネスコ・スクールに係る教育活動を軸に、本校におけるグローバル化に対応した教育の思想及び構造を策定する。

②グローバル化に対応した教育においてESD教育活動が担う意義を明らかにし、本校の使命、教育目標のなかに位置づけ、グローカルな展開(think globally,and act locally)を構想する。

③教職員、生徒の海外研修、海外学校との交流事業計画を策定し、チーム学校としてグローバルマインド(国際的な視野とセンス、意識)の高揚を図る。


up