小学校教員志望がいつのまにか

柳原 宏和 教授

基本情報

  • 所属又は配属:大学院理学研究科
  • 職名:教授

 

研究者になるまでの軌跡

 私の子供の頃の夢は小学校教員になることでした。高校1年生のとき、私の兄が広島大学に進学していたこともあり、広島大学は教員養成に力を入れている大学であることを知りました。その頃から自分の夢が広島大学学校教育学部小学校教員養成課程 (現教育学部初等教育教員養成コース) に進学して、小学校教員になるという具体的なものになりました。
 高校時代はバンド活動に明け暮れていたため、一浪することになりましたが、なんとか、広島大学学校教育学部小学校教員養成課程に入学することができました。学部時代は、私の兄が大学院に進学したこともあり、小学校教員にはなりたかったが博士号だけはどうしても取得したいと思っていましたが、その当時学校教育学部の大学院には博士課程前期課程だけで後期課程がありませんでした。そのため、当時の指導教官の勧めもあり、理学研究科数学専攻を受験することにしました。果たして受かるかどうか心配ではありましたが、本当にたまたま、私がゼミでこってりと絞られた内容 (今でもはっきり覚えているカイ二乗分布の特性関数に関する問題) が入試問題に出て、何とか合格することができました。広島大学大学院理学研究科数学専攻との付き合いはまさにここからはじまりました。未だに本当によく合格できたなと自分でも思います。バンドばかりに力を入れていたのでほとんど講義には出席せずに、留年ぎりぎりの大学時代でした。
 その後、紆余曲折があり、いつどこで明確に気持ちが変化したかはよく覚えていませんが、気がついたら小学校教員への夢は大学教員になることにすり替わっていました。本当に人間いつどこで変るかわからないとつくづく思います。高校生のときは将来大学の先生になっているなんて想像すらできないでしょう。いろいろなこととの出会いやその当時は回り道と思ったことにより自分は変ってきたと思っています。今はその素敵な出会いや周り道に感謝しています。

 (公式)Facebook

 男女共同参画推進室

ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)

Career Advancement Project for Women Researchers (CAPWR)


up