リウマチ・膠原病学

杉山 英二 教授

【研究キーワード】
自己免疫疾患、膠原病、関節リウマチ、関節破壊、自己抗体、破骨細胞、骨芽細胞、リンパ球、滑膜細胞

【最近のハイライト】
関節リウマチおよび膠原病疾患の病態解明および治療法は劇的に進歩しつつあり、今最も熱い医学領域になっています。サイトカインやJAKキナーゼを標的とした分子標的薬が使用可能となり、治療成績が劇的に向上しています。

研究者総覧へのリンク

【教育内容】
学部教育
 リウマチ性疾患の病態、診断、治療についての基本的知識を修得し、医師として必要な基本的な診察手技を習得するための研修を行います。
大学院教育
 リウマチ性疾患の病態、診断、治療についてより深い知識を修得し、専門家を目指す上で必要な診察手技および研究手法を習得するための研修を行います。

【研究内容】
臨床研究
 関節リウマチの薬物療法とその副作用対策に関する検討
 関節リウマチの自己抗体、とくに抗CCP抗体の臨床的意義に関する検討
 皮膚筋炎・多発性筋炎の間質性肺炎の病態と治療に関する検討
 ANCA関連血管炎の治療法の確立
基礎研究
 関節リウマチ滑膜細胞の分化能力と治療への応用
 サイトカイン産生の翻訳制御に関する研究
 関節リウマチにおける関節破壊機序の解明とその治療に関する研究

【写真説明】リウマチ・膠原病科 研究室風景

【写真説明】リウマチ・膠原病科 研究室風景

【写真説明】リウマチ・膠原病科 ジャーナルクラブ


up