がん化学療法科学

杉山 一彦 教授

【研究キーワード】
脳腫瘍、抗癌剤、分子標的治療薬、外来化学療法、薬剤性肺炎、肺癌

【最近のハイライト】
 我が国における死亡原因の第一位は悪性腫瘍であり、悪性腫瘍の治療の重要な役割を担う抗がん剤治療は近年急速な進歩を遂げています。本邦のおける抗がん剤化学療法は、10数年前までは入院で行うのが常識とされていました。しかしながら、様々な副作用に対する薬剤の開発や外来化学療法の体制を築き、現在では一部の抗がん剤化学療法を除きほとんどの化学療法が外来治療可能となっています。当院では外来化学療法を施行する専用の施設として化学療法室があり、計28床(リクライニングチェア 18台、ベット 10床)を設置し、外来化学療法を受ける患者は年間約9000名であり全国でもトップレベルの患者数を有しています。

研究者総覧へのリンク

【教育内容】
 がん患者に対して抗癌剤化学療法の効果を十分発揮させるためには、抗癌剤の効果を熟知するのはもちろんのこと、副作用についても同様に熟知して抗癌剤治療を実践していくことが重要である。当科で若手医師に抗癌剤治療計画の組み立てを学んでいただくとともに、外来化学療法室での副作用への対処、予想される副作用の軽減方法などを学んでいただいている。
 また、基礎的研究に関しては癌のモデルマウスまたは抗癌剤による薬剤性肺炎などの副作用惹起モデルマウスを作製して、研究テーマを立案し、それを証明していく過程を経験していただく。

【研究内容】
脳腫瘍全般の治験を含めた臨床研究
がん全般に対する治験を含めた臨床研究
分子標的治療薬を含む抗癌剤の副作用軽減方法の確立を目的とした臨床研究
高齢者がん患者に対する抗癌剤療法の確立を目的とした臨床研究
肺がんモデルマウスを利用した、がん治療の基礎研究
抗癌剤で惹起される薬剤性肺炎の機序解明や治療を目的とした基礎研究


up