感染症学

大毛 宏喜 教授

【研究キーワード】
薬剤耐性、手術部位感染、抗菌薬、院内感染

【最近のハイライト】
内科、外科、小児科と幅広い領域で、細菌・真菌・ウイルス感染症の診療を行うとともに、病院の感染制御部との連携により、院内感染対策や抗菌薬適正使用での診療支援も重視している。また細菌学、ウイルス学、薬学、歯学、外科学との共同で、基礎的な根拠に基づいた研究を行っている。

研究者総覧へのリンク

【教育内容】
感染症の診療は、予防・診断・治療の他、院内感染対策があります。臨床での実践を経て、医療機関における各診療科の診療支援を担える人材を養成します。また細菌学講座との連携による耐性菌の分子疫学解析を通じて、基礎的根拠のある感染症診療を目指しています。

【研究内容】
1.耐性腸内細菌に関する研究
2.手術部位感染対策に関する研究
3.抗微生物薬組織移行に関する研修


up