新刊情報

『食う、食われる、食いあう マルチスピーシーズ民族誌の思考』

マルチスピーシーズ民族誌(multispecies ethnography)は、人間や他の生物種、ウイルス、モノなどの相互の関わりあいと、そこから浮かび上がるグローバルスケールの課題について記述する人類学の枠組みです。フェミニスト科学技術論、政治生態学、先住民研究、アニミズム論など、さまざまな領域を横断しながら成長を続けています。本書は、現代の「食」をめぐる諸実践やそれらの連環性を「人間以上」の観点から捉え直すことを目指しています。
※来年1月下旬〜2月に中四国の国立大学間で講評会を予定しています。ご関心のある方は吉田までお気軽にお問い合わせください。

著者 近藤祉秋(神戸大学)・吉田真理子(広島大学)(編)
出版社 青土社
出版年月 2021年11月1日
ISBN 978-4-7917-7422-7
値段 定価2,860円 (本体円+税)
種類 共編著

 

本書についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。

広島大学大学院人間社会科学研究科
吉田真理子
myoshida*hiroshima-u.ac.jp

※E-mailアドレスは、*を半角@に置き換えて送信してください。

 


up