医学科

卒業してから独立した医療人になるまで

卒業後の進路

国家試験合格者には、2年間の初期臨床研修が義務づけられます。将来どの分野を選ぶにしても、この期間内に、内科、外科、救急医学などの医師として共通に持つべき診療能力を習得する必要があります。研修終了後にはじめて、独立して医業を行う資格が与えられます。

初期研修後の進路

初期研修修了者は、各分野の専門的な医師をめざして、大学あるいは市中の病院で後期研修を受けます。その後、第一線の病院に勤務あるいは開業して地域医療を担う人もあれば、大学院に進学して医学研究に携わり、学位(博士)を取得する人もいます。大学院修了後は、さらに研究者の道を歩むことも、専門医の道に戻ることも可能です。また、厚生労働省などで医療行政に関わる仕事を選ぶことも可能です。

先輩研修医のコメント

広島大学病院初期研修医
山岡 賢治さん

医学部を卒業し、国家試験に合格すると医師免許を取得できます。ほとんどの人はこのまま初期臨床研修に進み、大学病院をはじめ全国の指定された病院で2年間研修医として働くことになります。この2年間はだいたい1-2ヶ月毎に様々な診療科をローテートして、医師として最低限必要な知識や手技を身に付けていきます。学生のうちに学んだ知識を実践で見たり、活用したりすることはとても新鮮です。また、研修医には指導医の先生がついていますので、日々多くの知識を勉強させて頂いています。日中の業務や当直、学会発表など忙しくて大変なこともありますが、その分やりがいは大きく充実した研修生活を過ごせています。一緒に仕事できる日を楽しみにしております!


up