脳神経内科学

丸山 博文 教授

【研究キーワード】
脳血管障害、アルツハイマー病、神経変性疾患、神経超音波検査、バイオマーカー

【最近のハイライト】
脳血管障害動物モデルの組織学的な検討では、虚血再灌流のストレスにより生じるタウ蛋白の異常という観点から見ると、脳血管障害とアルツハイマー病の病理に共通点が多いことが判明しました。またアルツハイマー病患者脳内に観察される「顆粒空胞変性」および封入体筋炎の筋肉で陽性となる「縁取り空胞」の両者でWnt シグナル関連分子が局在し、両疾患でWntシグナルの異常が影響していることを明らかにしました。
当研究室で中央事務局を担ったJ-STARS研究のサブ解析では、スタチン介入による脳卒中再発予防においてLDLコレステロール値80-100mg/dLが最もイベント抑制効果を期待できることを示しました。気象との関連では、脳梗塞は前日から当日の気温変化0.99℃以上により発症が増え、脳出血は当日の気温23.8℃以上で発症が減ることを明らかにしました。脳梗塞患者側の要因として、低栄養(CONUT score)や貧血が機能的転帰に影響することを示しました。炎症や凝固に関連するα2マクログロブリンが脳梗塞急性期患者で高値を示し、この値は深部白質病変の程度や加齢と相関しており、さらに血管内皮機能に関連することを明らかにしました。
ALS・脳梗塞いずれにおいても、舌圧21kPaを下回ると嚥下障害が増え誤嚥性肺炎発症も多くなること、また誤嚥性肺炎予防として、歯科医を含めたチーム医療による介入が重要であることを示しました。

研究者総覧へのリンク

【教育内容】
 急速な少子高齢化に伴い、脳血管障害、認知症やてんかん、パーキンソン病、神経免疫疾患など脳神経内科が担うべき疾患が今後増加することが予想され、その対応が急がれています。一方で画像診断の格段の進歩や、t-PAや血管内治療の導入による革新的な治療が行われるなど脳神経内科を取り巻く状況は大きく変わり続けています。また神経変性疾患の病態解明、神経免疫疾患に対する治療の開発においても目覚ましい発展が見られます。そういった中で当科は幅広い疾患に対し臨床的にも基礎的にも取り組む充実した診療・教育・研究を提供しています。

【研究内容】
1.臨床研究グループ:
 ①脳血管障害:神経超音波及び分子イメージング法の応用、新規バイオマーカーの計測法の確立など。
 ②認知症:病態診断、治療に関する各種研究に加え、放射線影響研究所などと共同でコホート研究による発症要因の同定を目指す。
 ③免疫性疾患:神経超音波検査を含むneuroimaging法、バイオマーカーの計測などを行う。
2.分子神経画像研究グループ:高磁場MRI、近赤外線光トポグラフィー(NIRS)、脳磁図(MEG)、PET、SPECTなど各種神経イメージング法を用いて、認知症・脳血管障害などの新たな検査方法の確立を目指す。
3.分子神経科学研究グループ:病態に則したノックアウトマウスの作製や蛋白質・遺伝子レベルでの機能解析を通じて、脳血管障害・パーキンソン病・多発性硬化症などの中枢神経疾患について病態の分子機構の解明とあらたな診断・治療法の開発を行う。
4.臨床分子遺伝研究グループ:原爆放射線医科学研究所(川上秀史研究室)との共同研究により、神経変性疾患の遺伝子診断・解析を中心として分子生物学的に病態解明・治療法の開発を目指す。


up