腎臓内科学

正木 崇生 教授

【研究キーワード】
慢性腎臓病(CKD)、血液透析、腹膜透析、エピジェネティクス、老化、間葉系幹細胞、食塩感受性高血圧

【最近のハイライト】
近年、当科の研究グループは腎線維化へのH3K4メチル化酵素(SET7/9)、H3K9メチル化酵素(G9a)の関与を示し、腎不全進行に対するエピジェネティクスの関与を報告しました。臨床から得られた疑問を、基礎実験で解明し、将来的な創薬に繋げることを目指して研究を行っています。

研究者総覧へのリンク

【教育内容】
腎臓内科では、原発性糸球体・尿細管間質性疾患、高血圧、糖尿病、膠原病、血液疾患などに伴う全身性腎疾患、急性腎不全、慢性腎不全、慢性維持透析(血液透析・腹膜透析)など、あらゆる腎臓病に対し幅広く診療に当たっています。多くの診療科との関連があるため、臨床医として幅広く基本的な知識を習得し、さらに腎臓内科医としての専門的な知識・技術を習得することを目標に教育を行っています。

【研究内容】
1.腎線維化・腹膜線維化抑制機序に関する研究
2.食塩感受性高血圧の病態解明に関する研究
3.腎不全に対するKlotho蛋白などの老化因子関与についての研究
4.血液透析患者の心血管合併症や予後についての臨床研究
5.バスキュラーアクセスインターベンションの開存率についての臨床研究
6.慢性腎臓病発症に対するリスク因子についての臨床研究

【写真説明】 研究室の様子


up